スマートな操作感で、見ればわかる電子カルテへ

少しの操作で思い通り。
かんたん・べんりな機能がこんなに!

番号をクリックすると画面説明が表示されます!
display1 display2
  • カルテヘッダーエリア
  • ①患者マーク患者メモや家族カルテ検索をボタンクリックで呼び出し。登録情報の有無はボタンの色で確認できます。
  • ②患者簡易情報問診内容や禁忌・服薬中薬剤、アレルギーなど大事な情報をダイジェスト表示。カルテ入力時に見落とすことがありません。
  • ③診療カレンダー過去の受診日や予約日を色分けして表示。
    必要な機能を必要な時にすぐ確認できます。
  • ④外部連携ボタン検査結果や画像ビューアなどを呼出し。
    必要な機能を必要な時にすぐ確認できます。
  • 過去カルテ表示エリア
  • ⑤過去カルテ検索キーワードで過去カルテ内を検索。
    見たい内容をすぐに探し当てることができます。
  • ⑥初回カルテ表示ボタン初回来院時のカルテにワンクリックでジャンプ。
    カルテをスクロールする手間を省きます。
  • ⑦Do入力メニュー過去カルテ内容を本日カルテに転記。選択部分のみ・診療区分ごと・その日の内容すべてのコピーにも対応しています。
  • 本日カルテ表示エリア
  • ⑧医師切替機能入力中のカルテの担当医師名を変更。
    医師変更でカルテを作り直す必要がありません。
  • ⑨カルテタブ追加機能同日・同患者のカルテを追加作成。
    保険診療と自費など2つの保険で入力する時に便利です。
  • ⑩右クリックメニュー入力行を右クリックで便利なメニューを表示。
    一般名処方への一括変更や医薬品情報の表示、診療アラームの登録も楽々です。

診察中のスムーズな入力のための工夫が満載。

充実の検索機能でオーダー入力をスムーズに!

オーダー入力の操作性が診察の流れにも直結します。
オルテアは、「かんたん」な操作でたくさんの「べんり」を提供します。

①先発医療品に対応する後発医薬品の表示 ②検索結果に単位換算マスタ(g→、mL→本)を表示
入力項目からの逆引き検索(同一銘柄の規格違い/剤型違い・同一規格の後発薬品・一般名医薬品)
ガジェット機能による絞り込み検索で、さらにマスタの検索性が向上
処置入力部で「@」をつけた文言検索を行うと一括セット画面を起動し、スムーズな入力が可能

紙伝票の感覚で使える検査依頼入力シート

外注検査依頼先の紙伝票を電子インターフェイスで再現。
検査センターに応じて検査分野や検査名称の配置も使いやすくまとめられており、スマートなオーダー入力が行えます。

インフォームドコンセントに役立つ診療時系列画面

診療時系列画面は、検査結果値と投薬歴を連動させたグラフ表示や結果票の印刷など、インフォームドコンセントにも役立ちます。
(異なる検査会社間の同一検査項目の統合表示にも対応しています)

候補病名機能でカルテ記載を確実に

本日または当月診療分の処置行為内容について、不足している適応病名が参照できます。
日々の病名登録作業の負担軽減と、保険請求業務の精度向上に役立てていただくことができます。

カルテ情報を転記しやすいフォーム版発行文書作成ツール

専用画面の中で、過去カルテまたは病歴と文書作成フォームを並べて表示します。
作成文書に応じた転記条件を指定して処方内容・実施した検査項目・有効病名などの2次利用が簡単に行えます。

pagetop