もっと!拡がりを、理想の医療環境
「誰もが受けられる最適な医療」を実現するために、いつでもどこでも、最近の状態で自分の医療情報を管理・活用できる環境づくりが始まっています。
国内シェアNo.1の調剤システム導入実績(当社調べ)を誇るEMシステムズでは医事会計システム”UNI-MEDICAL”と電子薬歴システム”Recepty NEXT”の相互運用、更にはデータセンターの整備、検査会社との連携システム構築により、患者さまの医療情報を一元化。患者さまにとって最適な医療環境づくりに貢献します。
表記の図は平成23年時点の病診薬連携に関する実証実験の一例であり、すべてのお客様において当該環境の敷設を表しているものではありません。

※当該サービスのご利用にあたっては、セキュア回線(EM-Lines)の敷設が必要です。
いつかは電子カルテも…とお考えなら
UNI-MEDICALは将来的な拡張性を備えたシステム。今は『レセコンだけ』⇒将来『電子カルテへ』とお考えになった場合はいつでも簡単・スムーズに電子カルテシステム「MRN」へデータ移行することが可能です。
また電子カルテに移行することで紹介状作成や検査結果参照、外部機器との連携も可能になり、業務の幅もぐんと広がります。
低コストでスタイル変更!

カルテスタイルへそのまま移行するためシステム一新のためのコスト不要!

レセデータ完全同期!

UNI-MEDICALの入力データはMRNの過去参照用データに反映!

過去参照用データは本日カルテへのDo入力にも対応!
将来は院内IT化へ!
電子カルテMRNについての詳しいご説明は…
詳しくはこちら
UNI-MEDICAL3つの「もっと!」にアプローチ
UNI-MEDICALの資料請求はこちら
pagetop